2019年10月07日

サクラマス産卵盛期

shiranori様、7年間本当にお疲れさまでした。
宮古に残ったメンバーで当ブログを引き継いでいきたいと思います。
新任地からも面白い情報待ってま〜す!

さて、現在、岩手県の沿岸河川では、サクラマスの産卵が盛んに行われています。写真の大きい方の個体が海に下って遡上してきた(降海型)メス、小さい方の個体が河川にずっと留まっていた(河川残留型)のオスです。岩手県での河川では、降海型のオスの割合がメスに比べて低く、降海型のメスと河川残留型のオスで産卵受精しているシーンをよく目にします。岩手県のサクラマスでは、サケのように大規模なふ化放流事業が行われていませんので、春先に我々の舌を楽しませてくれるサクラマスはこうした自然産卵によって生産される部分も大きいと思われます。
毎年、産卵シーンに出くわすと彼らに感謝せずにはいられません。

190926.JPG
posted by HP管理人 at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: