2021年05月17日

サケ稚魚調査(巻き網その5)

5月15日、今シーズン5回目の巻き網調査を実施しました。
1.JPG

津軽石ふ化場からのサケの放流は、5月10日で終了していますが、サケ稚魚はほとんどの定点で採捕され、放流後、湾奥に広く分布していることが伺えました。
(下の写真はカタクチイワシの稚魚に混じって獲れたサケ稚魚)
2.JPG

そして、多くのサケ稚魚が、十脚目ゾエアをたくさん捕食している様子でした。
順調に成長してくれることを願います。(たのむよー!)
3.jpg4.JPG

アマモ場では、トクビレ(ハッカク)の仲間とヒメイカも獲れました。
チシマトクビレと思われますが正確な同定はしておりません。
5.jpg

トクビレの仲間が採捕されるのは珍しいので載せてみましたが、当会のHPでも過去に宮古湾で確認されたことが記録されていました。
https://geolog.mydns.jp/space.geocities.jp/miyakowannomoba/tigyo2.html
posted by HP管理人 at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

サケ稚魚調査(巻き網その4)

5月1日、今シーズン4回目の巻き網調査を実施しました。

新緑が美しく、調査も気分が良くなる季節です。
1.jpg

今回も前回同様に宮古湾奥にはカタクチイワシが大量にいました。
サケ稚魚はこのカタクチイワシの大群に混じって獲れることがほとんどでした。
下の写真、カタクチイワシとサケ稚魚がいますが、分かりますでしょうか?
2.jpg

今回も順調にサケ稚魚サンプルを集めることができました。
(山根会長、連休中にもかかわらず船を出してくださってありがとうございます)

最後にウミタナゴが獲れました。
非常に色味がきれいだったので、思わず写真を撮りました。
これも宮古湾の藻場に生息する大事な魚ですね。
3.jpg
posted by HP管理人 at 11:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする