2018年12月28日

サケのふ化場

サケの調査のため、山田町にあるサケふ化場に行ってきました。

採卵用の親魚を確保するために川に設置された捕獲用の網には大型のサケが沢山入っていました。
PC271804-2.jpg

PC271801-2.jpg

遡上する親サケの量は昨年よりは多いそうですが、以前と比べると大幅に少ないそうです、、、

網に入った親サケを大型のタモですくい取り、すぐに人工授精が行われます。
PC271808-2.jpg


人工授精した卵は、このような屋内水槽で大事に管理されます。
PC271828-2.jpg

水槽内はイクラでびっしり!
見応えありますね〜!

数週間前に人工授精した卵の中には、すでに目が形成された子どもがいるのもわかります。
PC271830-2.jpg

画像をクリックして拡大してもらうと、卵の中にうっすら黒い粒が見える、、、、かもしれません(笑)


ふ化すると別の屋外水槽に移され、放流サイズになるまで飼育されます。
PC271821-2.jpg

PC271824-2.jpg

多くのサケ稚魚が元気に泳ぎ回っていました。

年明けから放流が始まります。
多くの稚魚が成魚になって、また岩手の川に戻ってきて欲しいですね。



このブログも本年はこれが最後になります。
一年間、ご覧いただき有り難うございました。
また来年もよろしくお願いします。

よいお年をお迎え下さい!



by shiranori



posted by HP管理人 at 09:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

鮭児(けいじ)

今朝の宮古魚市場に小さいなサケが水揚げされていました。

PC181799-2.jpg

全長は50cm弱で重さは1.5kg。
一見、小さな成魚の雌に見えますが、仲買さんにお聞きしたところ、これがかの有名な鮭児(けいじ)だそうです。

名前の字のごとくサケの子どもで、未成魚の個体です。
秋サケシーズンに、1万本に1〜2匹の割合しか獲れない、、、とか。
宮古魚市場にも希に水揚げされます。

未成魚なので生殖腺にエネルギーを取られていない分、体に脂があり、全身トロ状態だとか。
とても美味しいそうですが、数が少ない分、値段は超高級魚!

仲買さんにどこで見分けるかお聞きしたところ「顔がやさしいだろ」との回答、、、んん〜、素人の私ではわからない(笑)
あと、子どものサケなので、親と違って漁獲時にウロコが剥がれやすいのも特徴だそうです。
たしかに大部分のウロコが剥がれていました。
PC181802-2.jpg

いずれにせよ、判別が難しいですね。
仲買さん達も、身の色(鮭児は成魚よりもオレンジ色)を見ないと正確には判断できないそうです。

成魚と鮭児の判別方法よりも、味の違いが気になりますね!(笑)



by shiranori





posted by HP管理人 at 15:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

サケとサバ

宮古魚市場では、サケとサバが沢山水揚げされています。

先週あたりから丸々と太ったサバが絶好調!
PC141806-2.jpg

PC131791-2.jpg

仲買さん達の話しでは、宮古沖にイルカの群れがいるそうで、それに追われてサバが湾の定置に沢山入っているとか、、、
イルカちゃん、良い仕事すね〜!(笑)


新巻やイクラなど正月料理に欠かせないサケも沢山水揚げされています。
PC141803-2.jpg

PC141805-2.jpg


中には全長80cmオーバーの大ものも!
PC141811-2.jpg

シロザケに混じって良いサイズのマスノスケの水揚げされていました。
PC141809-2.jpg

サケ資源は低調状態が続いていますが、それでも今年は昨年に比べ1.5倍ほどの水揚げ量になっています。
少しずつでも増えて欲しいですね。



by shiranori
posted by HP管理人 at 16:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

ニシンシーズン、スタート!

今朝の宮古は冷え込みましたね〜
ラジオでは県内の多くの場所で今シーズンでもっとも寒い朝になったと言っていました。

車の外気温計ではマイナス7℃、、、数字を見るだけで寒くなります(笑)
PC111791-2.jpg

宮古魚市場でようやくニシンの姿が見られるようになりました。
PC111787-2.jpg

今年もニシンのシーズンが始まりますね。
ニシンシーズン、スタート!と言うことは、宮古の冬も本格的にスタート!しますね〜(泣)



by shiranori


posted by HP管理人 at 16:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

シマエビの子ども

室内水槽で飼育しているシマエビ(ホッカイエビ)稚エビの体長測定を行いました。

今年の4〜5月にふ化した稚エビです。
PC111792-2.jpg

ふ化後約7ヶ月経過し、全長(頭の先から尻尾の先まで)は7cm前後でした。

ただ、下の画像のように大きさにばらつきがあり、大きいものは10cm、小さいものは5cmほどでした。
PC111801-2.jpg

同い年でもこれだけ大きさに差が出ます。
自然界では画像のような小さな個体は生き残っていないかもしれませんね。

今年生まれたエビは、来年夏には全て雄となり繁殖に参加します。
で、さらに翌年には雌に性転換して繁殖に参加する「雄性成熟」を行います。

飼育によってシマエビを増やしたいのですが、水槽内で交尾をする個体が少ないのか、はたまた卵をすぐに捨ててしまうのか、抱卵する個体はほんのわずかです、、、
シマエビの飼育、難しいですね〜



by shiranori

posted by HP管理人 at 15:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする