2018年08月27日

アマモ場調査

久しぶりにスクーバ潜水による宮古湾のアマモ場調査を行いました。
この調査は例年、冬と夏に行いますが、今年の冬の調査は時化のため中止になりました。
したがって、宮古湾のアマモ場に潜るのは昨年の夏以来、、、はたしてアマモ場はどのようになっているのか?!

調査当日は快晴!
気温が高かったので、潜るのにちょうど良い天候でした。
P8231423-2.jpg

金浜と赤前の地先にあるアマモ場に潜りましたが、いずれもアマモがびっしり生えていました!
P8231399-2.jpg

P8231404-2.jpg

震災の津波によって大きな被害を受けたアマモ場は、震災前とほぼ同じ面積まで増えてきました。
順調に回復してきましたね。


アマモ場の中にはウミタナゴの子どもやギンポの姿がありました。
ニクハゼの群れも、、、わかります?
P8231405-2.jpg

アップにしてもわからないかな、、、
P8231406-2.jpg

アマモ場は小さな魚の隠れ家になっています。


アマモ場の面積が増えたのはとても良いことですが、それに比例して我々の調査範囲も増えてきました、、、(泣)
アマモ場の中を泳いで調査していては体力が持たないので、各調査地点まではこのように船に引っ張ってもらいます。
P8231425-2.jpg

牛に引かれて善光寺、、、ならぬ、船に曳かれて調査地へ〜




by shiranori


posted by HP管理人 at 16:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

厚岸湖のカキ養殖

前回、北海道厚岸湖でのニシン調査の様子を紹介しましたが、調査地である厚岸湖はマガキ養殖地として有名です。

宮古湾での養殖方法は、ホタテの殻にマガキの稚貝を複数個付けて養殖するカルチ養殖と呼ばれるものですが、厚岸湖ではカルチ養殖の他にマガキを1粒ずつバラバラにして育てるシングルシード養殖も盛んに行われています。
このようにカゴに入れて養殖します。
P8021397-2.jpg

シングルシードのカキはカルチ養殖の牡蠣に比べてカップが深く丸い形状になります。
上からではよくわかりませんが、
P8021419-2.jpg

横から見るとカップが深いのがわかりますね。
P8021420-2.jpg

形がよいので殻付きカキとして販売されます。

シングルシード用にこのようなカゴも使われていました。
P8021409-2.jpg

プラスチック製の楕円形のカゴでオーストラリア製だとか。
波でカゴが揺らされることでカゴの中のカキが転がされ、その結果、殻の形が丸くなるそうです。

こちらは今年生まれの稚貝
P8021413-2.jpg

白くて小さなつぶつぶが稚貝です。
厚岸町にあるカキ種苗センターでシングルシード用に作られた稚貝です。

こちらは1歳貝
P8021426-2.jpg

これをさらに養殖すると“かきえもん”というブランド牡蠣として出荷されます。

カキ養殖にはいろいろな方法があるんですね。



by shiranori



posted by HP管理人 at 06:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

厚岸ニシン調査

今月上旬、北海道厚岸湖でニシンの調査を行いました。

P8021371-2.jpg

厚岸湖内に建つ弁天神社。
P8021375-2.jpg

いつ建てられたかは不明だそうですが、寛政3年(1791年)の記録にはこの神社のことが記載されているそうです。
私も先ほど調べて初めて知りましたが、そんな昔に建てられたものとは驚き!
神社は小さな島(弁天島)の上に建てられていますが、今は地盤沈下のため島が見えません。
昔はその島に保養所や料亭があったそうです。


宮古湾でのニシン調査では巻き網を使いますが、厚岸湖は宮古湾よりも面積が大きいため、大型の網を船で曳網し、より広い範囲を調査します。
その分、網に入る魚や海藻・海草類が多いため、船上での仕分け作業が大変、、、
P8021377-2.jpg

目的のニシン稚魚
P8021387-2.jpg

捕れた量は少なく、ほとんどのニシン稚魚は湖から湾へ移動したようです。


ニシンの他に混獲される魚は、チカ稚魚。
少し痩せているような、、、
P8021390-2.jpg

こちらでは馴染みのないキュウリウオの稚魚
P8021389-2.jpg

河口域に多いトゲウオ
P8021404-2.jpg

シマエビ(ホッカイエビ)の子ども
P8021382-2.jpg

宮古湾では少ししか捕れませんが、厚岸湖では大量に捕れます。
親は厚岸湾に多いのですが、産卵場や子ども成育場は厚岸湖になっているそうです。


宮古湾と厚岸湖の環境を比較することで、どのような環境であればニシンが増えるのか?減るのか?を明らかにしたいと考えています。



by shiranori




posted by HP管理人 at 08:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

新聞記事

御膳堂2.jpg
岩手日報の新聞記事です。
市の運動公園に7年ぶりに戻りました。
近くに行った時は見にいってください。
posted by HP管理人 at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする