2018年04月25日

宮古湾ニシン調査

先日、宮古湾でニシンの仔稚魚調査を行いました。

赤前〜球場前〜金浜の岸近くの場所(水深1〜2m)で巻き網による採集を試みたところ、球場前でニシンの仔魚を40匹ほど採集することができました。


P4231026-3.jpg

全長20〜30mmで生まれて1ヶ月ほど経過した子どもと思われます。
今年は時化のため産卵場調査ができませんでしたが、ニシンは例年通り産卵してたんですね。

球場前ではニシンの他にシラウオ、アユやクロダイの子どもも捕れました。
10cmほどの立派なシラウオ、でかい!
P4211029-2.jpg

上がシラウオ、下がアユの仔魚です。
P4211030-2.jpg

アユはもうすぐ津軽石川や閉伊川に遡上するんでしょうね。


宮古湾内では珍しいクロダイの子どもです。
P4211022-2.jpg

隣りに写っているのはチカ。


いずれの魚も球場前で捕れ、赤前、金浜地先ではほとんど捕れませんでした。
何故、球場前に魚が集まっているのか??
それを解明するのが我々の仕事なのですが、、、不思議ですね〜




by shiranori

posted by HP管理人 at 06:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

今朝の宮古魚市場

今朝の宮古魚市場にニシンが水揚げされていました。
宮古湾外の定置網で漁獲されたものなので、北海道へ策餌回遊する途中で捕まったものと思われます。

20cm前後の小型のニシン。
大きさからみて1歳になった稚魚ですね。
P4241032-2.jpg

ニシンは生まれてから1年間は、生まれた湾や汽水性の湖沼で生活すると言われています。
初めて外海に出て捕まるとは、、、残念

こちらは30cm前後のニシン。
P4241034-2.jpg

2〜3歳と思われます。
産卵後、再び北上していたものですね。



この時期の魚市場のメインはやはりサクラマス(宮古ではママス)!
今朝も多くのサクラマスが水揚げされていました。
P4241029-2.jpg

サクラマスに混じって、トキシラズ(シロザケ、宮古ではオオメ)やカラフトマス(宮古ではサクラマス、、、ややこしぃ)も水揚げされていましたが、今朝は大もののマスノスケ(宮古ではスケマス)が揚がっていました。
P4241028-2.jpg

10kg、でかい!!


今朝は他にも大ものが水揚げされていました。
74cm、4.3kgのヒラメ!
P4241017-2.jpg

4.7kgのトラフグ!
P4241024-2.jpg

腹回りがすごいメタボなトラフグでした(笑)




by shiranori




posted by HP管理人 at 09:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

カタクリの花

国道から女遊戸浜に下る道路脇にカタクリの花が咲いていました。

P4211019-2.jpg

P4211017-2.jpg

P4211021-2.jpg

カタクリの花は群落のイメージがありますが、ここでは道路脇の斜面にぱらぱらと咲いていました。
撮影したのがお昼だったので花が少し萎れていますが奇麗ですね〜。
宮古では梅も桜もほぼ同時に花が咲きます。
併せてカタクリの花、、、春が一気に来ましたね。



by shiranori
posted by HP管理人 at 10:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

養殖マガキ調査

先日、宮古湾で養殖されているマガキの成長・身入り調査を行いました。

P4051090-2.jpg

P4051097-2.jpg

前回の1月の調査でもカキは大きく、身入りも十分よかったのですが、それから2ヶ月ほど経過し、さらに身入りが良くなっていました。
この時期はカキの餌となる植物プランクトンが増えるため、身はぱんぱん!
大型のカキがたくさんいました。

大きなカキ!
P4060993-2.jpg

身の重さはなんと50gオーバー!
P4061010-2.jpg

測定中、50gオーバーのものは十個ほどでしたが、30〜40g台の大型カキは結構いました。
カキシーズンは終盤ですが、食べるなら今が一番良いと思います。
大きなカキにかぶりついて下さい(笑)


by shiranori

posted by HP管理人 at 18:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

尾駮沼ニシンの卵

先月の青森県尾駮沼でのニシン調査で採集したニシン卵を観察しました。

ニシンはアマモなどの海草(うみくさ)やホンダワラ類などの海藻に粘着性の卵を産み付けます。
卵が付着した海草・海藻ごと研究所に持ち帰り顕微鏡で観察しました。

このように海草・海藻類に卵が付着しています。
IMG_6025-2.jpg

IMG_6023-2.jpg

卵の中にふ化直前の子どもが見えます。
上から光を当てると目は銀色に光ってよくわかりますが、体は透明なのでわかりにくいですね。

海草・海藻から卵をはずして観察しました。
IMG_5994-2.jpg

今度は下から光を当てると、目が黒く写り、体も少しわかりますね。
卵の中で体が一周回っています。
左上の卵は、他の卵に比べ発生段階があまり進んでいない卵です。
目もまだ形成されていませんね。
同じ海藻に付着していた卵ですが、発生段階が異なることから、異なる時期(別日)に産出されたものと思われます。

この卵を採集して約3週間が過ぎました。
きっと尾駮沼ではたくさんの仔魚がふ化したでしょね。



by shiranori



posted by HP管理人 at 15:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする